Featured Posts

  • Prev
  • Next

Whois Privacyとは

Category:サーバー用語 Tags:,

0

独自ドメインを取得すると、Whoisデータベースに所有者情報が開示され、世界中の人がそのドメインの所有者を知ることが出来ます。
特に個人利用の場合に氏名、住所、電話番号、メールアドレスが公開されてしまうのは遠慮したい方も多いでしょう。
WhoisPrivacy」とは、Whois情報にドメイン取得会社の情報等を掲載し、個人が特定できないようにするサービスです。
無料ドメインが附属するレンタルサーバーであっても、WhoisPrivacyをオプションとしていて、別途料金がかかる場合があるので、注意が必要です。
法人の場合も、迷惑メールは覚悟する必要がありますので、Whoisデータベースに関しては慎重に考えて契約した方がいいと思います。

基本的にWhoisPrivacyを重視している私は、WhoisPrivacyが標準となっているWebHostingPadDreamhostなどの会社ではFreeDomainを利用していますが、WhoisPrivacyが標準でない会社では有料オプションは利用しません。Bluehostの様に有料となる場合には国内のレジストラ・代理店等で取得したドメインを利用し、無料ドメインは利用しないでいます。結局その分のコストは余計にかかることとなりますが、年間1,000円程度ですので、個人情報保護のためと納得しています。

関連記事

Comments are closed.

人気記事